乳首が3cmと長い!人には言えない乳首コンプレックス解消法

今回は人には言いづらい、「乳首が長い」というお悩みを解決するような情報をご紹介。「自分の乳首は、長いのかもしれない」と思う時ってあるのでは?特に温泉などに行くと、見られる確率が高くなります。そんな時、恥ずかしい思いはしたくないですよね。

乳首が長いコンプレックスを解消する方法

「乳首が長い」と、温泉と言った施設に足を運びづらくなるのはもちろん、ずっとそのことが「コンプレックス」となってしまいます。恥ずかしい気持ちもあると思いますし、できるだけ解決したいところなのではないでしょうか?

【コンプレックス解消法①】乳首が長いメリットを知る

まず、乳首が長いということに「コンプレックス」を抱くことをやめてみる…。逆に「メリット」を考えてみてはいかがでしょうか?

乳首が長いほうが赤ちゃんが飲みやすい

乳首が短いと、赤ちゃんが乳首を吸うたびに皮膚に当たってしまうので「痛み」を感じてしまうことも多いようです。というのも、妊娠後期から毎日、乳首を伸ばすマッサージをする人がいるほどなのだとか。なので現在赤ちゃんがいないという人でも、将来のことを考えると、「別に長い乳首でもいいか!」と思えるのではないでしょうか?

長乳首が好きな男性は多い

自分の中ではコンプレックスだと思っている、長い乳首ですが、意外と長乳首を好んでいる男性が多いようです。赤ちゃん関係なしに、「吸いやすい」という点があるからなのではないでしょうか?

【コンプレックス解消法②】美容外科で手術

「体のコンプレックス」となると生まれ持ったものでもありますので、美容外科で本格的に手術を行うのもいいかもしれませんね。しかし費用の問題もありますので、情報を理解した上で決めるといいと思います。

バランスを整える乳頭縮小手術

乳首の手術の中でももっとも人気の高い手術なのだそうです。。「乳頭肥大」が起きてしまう原因は、遺伝によるもの、妊娠・授乳によって起きてしまったことが多いようです。だから、バランスを整えてくれる乳頭縮小手術は人気が高い施術なのだそう。これは乳首が長いとお悩みの方にも、いい手術なのではないでしょうか?

乳頭縮小は安全?

そもそも「乳頭縮小」は、安全なのでしょうか?「乳頭肥大」の原因は遺伝による先天的なものと妊娠・授乳による後天的なものがあります。乳首が大きいだけで、「性体験が豊富なのでは?」と思われがち。これはあくまで噂であって、実際は関係ありません。

まずは「局所麻酔」をしてから手術。実際手術時間は2~3時間で終わるそうですよ。しっかり麻酔も打ちますので、「安全に」手術を受けられます。また、美容外科にもよりますが、手術でできてしまった傷は、約10日で治癒するそうです。

乳頭縮小手術を行ってくれるおすすめ美容外科

そこで乳頭縮小手術を、実際に行ってくれる美容外科もご紹介します。

湘南美容外科

片方の乳首だけでも、79,200円(税込)〜から行えるそうです。全国で20店舗での手術が可能!自分の通いやすいところを探してみてくださいね。

成人女性のバストの平均は?

中には「自分の乳首が長いのか分からない」なんていう人も、いるのではないでしょうか?そんな方には、成人女性のバストの平均もご紹介します。平均のバストを知ることで、自分のバストと比べやすくなります。

乳首の長さ

とある美容外科医院の発表によると、「直径約1cm、高さ8m」なのだそうです。もちろん、乳首への刺激、その時の温度などによって若干変動はあるようです。高さはあるのに直径が小さいなんていうこともあるようです。

乳輪の大きさ

もちろん、乳首の長さに平均があるように乳首の大きさにも平均があるようです。「3.5cm」が平均のようです。中には大きくて5cmの人もいれば、小さい人で2.5cmの方もいるようですね。自分のバストサイズによって、バランスのいい乳首というのはあるみたいです。

バストサイズの平均

バストサイズの平均は、B~Dカップのようです。実際、女性の希望のバストサイズはC~Dカップ。平均のサイズとほぼ同じだと言えますね。バストサイズの出し方は、トップとアンダーとの差で分かります。例えば、差が10cmでAカップなのです。バストサイズは、2.5cmごとに1カップ増えるんですよね。12.5㎝ならBカップとなっています。

大きさが左右非対称は「普通のこと」

中には「バストの大きさが、左右違う!」という悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?しかしこれは普通のことです。みなさん、左右非対称なものです。例えば目元でも「左右全く同じ」という人はほぼいないのでは?バストも同じように、左右が全く同じ…ということはないのです。

大勢が見るものではないので気にし過ぎないこと

「乳首が長い」ということを解決するような情報をお伝えしました。とは言っても、「乳首」は大勢の方が見るものではありません。温泉に行ったとしても隠せる部分でもあるのです。気にしすぎないのが、気持ち的にも楽です。