不自然な方向に乳首が曲がっている原因は?乳首を曲げない3つのケア

今回は、「乳首が曲がってる」という方に有益な情報をご紹介していきます。今まではあまり気にならなかったのに、「乳首が曲がっている…?」と思うようになったという方もいるはず。その原因を知る必要があります。

乳首が曲がるのは何故?ケア方法は?

そもそも何故、乳首が曲がってしまうのでしょうか?これまであまり気にならなかったのに、急に気になりだす…。女性にとっては、バスト関係での悩みはできるだけ減らしたいところですよね。今からできるケア方法もご紹介します。

乳首が曲がっている原因

そもそもなぜ、乳首が曲がっている状態が起きてしまったのでしょうか?もしかしたら、普段「当たり前」だと思っている生活が、乳首を曲げている可能性もあることでしょう。その原因をしっかり理解することが、対策法へとつながります。

一番は授乳で吸われて曲がる

もっとも当てはまる原因は、授乳による影響。授乳は吸われることで、乳首が様々な方向へ曲がってしまいます。これが1度だけなら、影響は少ないのですが、授乳期間はこの状態が長く続いてしまいますよね。だから、乳首が曲がってしまうのです。

生まれつき乳首が長く曲がりやすい

もちろん、人によって乳首の長さは異なります。中には、もともと乳首の長さが長いという方も多いでしょう。よって、曲がりやすくなっている状態なのかもしれません。

ブラジャーへのしまい方で曲がる

日頃、ブラジャーを使用する際。適当にバストをブラジャーの中に入れていませんか?乳首を下向きにしてブラジャーで押さえつけるというような状態だと、乳首が曲がってしまう可能性もあるのです。

乳首を曲げないケア①授乳時に気を付ける

授乳時に意識することを増やすことで、乳首を曲げないケアができます。

添い乳ばかりしない

添い寝で授乳する「沿い乳」は、乳首が不自然な方向に伸びやすくなってしまうのです。乳首を曲げないためにも、いろんな角度から授乳するよう心がけていきましょう。

授乳クッションを使用する

授乳をする際は、「授乳クッション」を使用しましょう。授乳を行う時に使用する専用のクッションなので、授乳による「乳首が曲がる」という状況も起きないようになっています。

乳首を曲げないケア②卒乳後のダイエットに気を付ける

卒乳後は、ダイエットに取り組もうと思う方が多いそうです。確かに、授乳時は「赤ちゃんを育てること」に必死で、自分のボディケア・スキンケアなどが疎かになりがち。しかし、ダイエットによる、過度な食事制限などによって、女性ホルモンが減少する可能性もあります。よって、乳腺が衰退することもあるようです。乳腺が停滞してしまうと、乳首が曲がるだけではなく、バストのサイズもダウンしてしまうこともあります。

乳首を曲げないケア③ブラジャーへのしまい方

ブラジャーへバストをしまう際、「とりあえず、押し込もう!」と思わないようにしましょう。大切なのは、丁寧にバストをブラジャーへしまうこと。ポイントは、乳首を上向きにおさめるようにするといいですよ。さらに授乳後は、バストのサイズダウンもありえます。そうならないためにも、脇・背中のお肉をブラジャーへ流すようなイメージで、ブラジャーを装着しましょう。

そうすることで、バストのサイズダウンを防げることにもつながります。

乳首の向きと乳癌は関係あるの?

f4bac845d547fe4cc12e7ddab43674b5_s

さらに乳首の向きと乳癌は関係があるのか?という問題にも触れていきます。乳癌は「自分に関係のないこと」と思っている方もいるかと思います。しかし、どんな人でも乳癌になってもおかしくないくらい、現在、乳癌の女性も増えてきているようです。

必ずしも曲がった乳首=乳癌ではない

曲がった乳首が必ずしも、乳癌とは言い切れません。実は、腫瘍が出来ると組織が引っ張られます。これが、乳首に影響が出る事もあるみたいです。特にこれといった「基準」があるわけではないのですが、少しでも乳首に異変を感じたら、専門医に見てもらうことが大切です。

年々乳首が陥没するようなら検査を

しかし、年々乳首が陥没するのなら、病院での検査を受けましょう。おそらく、乳癌の検査では、超音波・マンモグラフィーの検査を受けることになると思います。自分に合った検査方法は、専門医の方がしっかり判断してくださいます。

また、乳癌であるか、ないかというのは、日頃のセルフチェックも大事です。セルフチェック方法は、まず、立ったまま、鏡に向かい両腕を下げて力を抜いていきます。そしたら、左右の乳房の大きさや形、乳頭に異常がないかチェックしていくという方法です。

乳首が曲がっていても周りは気にしない

「乳首が曲がってる」という方に有益な情報をご紹介しました。確かに、これまで乳首が曲がっていなかったのに、急に曲がっていることに気づいたら、心配になりますよね。ぜひ、日頃から行えるケア方法を取り入れてみてくださいね。