乳首の黒ずみをケアしたい!自分の体にあった方法を見つけよう

「乳首の黒ずみは、性経験が豊富な証拠」という都市伝説。何の根拠もないデマですが、信じている人は案外多いもの。デマだと知っていても、やはりピンク色の若々しい乳首に憧れますよね。この記事では乳首が黒ずむ原因と、その対処法について解説します。

乳首が黒くなる原因

乳首が黒くなるのは、乳首に「メラニン」が沈着してしまうから。メラニンといえば、日焼けを連想しますよね。しかし、皮膚にメラニン色素が沈着してしまう原因は、日焼けのほかにもいろいろあります。

なぜなら、メラニンが皮膚に沈着するのは、紫外線や刺激から皮膚を守るためだからです。

摩擦や日焼けなどの色素沈着

メラニンが皮膚に沈着する一番の理由は、日焼けです。紫外線の害から皮膚組織を守るために、「メラノサイト」という色素細胞が「メラニン」という色素を作り出します。メラニンは細胞の代わりに紫外線を吸収することで、炎症が起こって肌細胞のDNAが損傷を受けるのを防いでいます。

通常、メラニン色素はターンオーバーにより排出されるため、日焼けで黒くなった肌も時間が経てば元の色に戻ります。しかし、紫外線などの刺激が強かった場合、ターンオーバーではメラニン色素を排出しきれず、色素沈着やシミが起こることも。

 

乳首の黒ずみは、このパターンが多いと思われます。サイズが合わないブラジャーをつけているため、乳首が常に摩擦されてしまっていると、乳首の皮膚は炎症に似た状態になります。すると、炎症から皮膚細胞を守るため、乳首の部位にメラニン色素が沈着するのです。

アトピー性皮膚炎などによる乾燥

乾燥も色素沈着の原因となります。もともと乾燥肌の人や、アトピー性皮膚炎などの肌トラブルにより肌が乾燥していると、皮脂が不足するため、肌のバリア機能が弱まります。するとターンオーバー周期が乱れるため、メラニン色素が排出しきれず、色素沈着が起こります。

乳首の皮膚だけ局部的に乾燥するわけではないのに、なぜ乳首だけ黒くなるの?と思いますよね。実は、乳首はもともと色素沈着しやすい部位なのです。柔らかい乳房の先端を守るため、また授乳によって乳首が傷つかないように、他の部位よりも色素沈着が起こりやすくなっています。

炎症後色素沈着

メラニンは通常は肌の一番外側の層である「表皮」の部分で作られ、役目を終えると表皮の外側に押し出されて排出されます。しかしメラニンが、表皮の奥の層である「真皮層」に入り込んでくることがあります。

アトピー性皮膚炎や湿疹など肌に炎症が繰り返し起こっていると、表皮と真皮層を区切っている「基底膜」にやがて損傷が起こります。損傷が起こった基底膜の部分からメラニンが真皮層に入り込んでしまうと、「色素沈着」が起こります。なぜなら、ターンオーバーは表皮で起こり、真皮層では起こらないからです。

妊娠・出産によるホルモンバランスの変化

妊娠中にも、乳首の色は濃くなります。この現象には、女性ホルモンが関係しています。妊娠20週目に入ったあたりから、卵胞ホルモンである「エストロゲン」と黄体ホルモンである「プロゲステロン」の分泌量が急激に増えます。この2つのホルモンはメラノサイトを刺戟する働きも持っているため、色素沈着が起こるのです。

出産が近づく頃には、乳首の色はかなり濃くなります。出産後2〜3か月で元の色に戻る人が多いようですが、時間が経ってもなかなか元の色に戻らない人も。

授乳

Young mother breastfeeding her little cute boy
Young mother breastfeeding her little cute boy

出産後に産前より乳首の色が濃くなってしまう人もいます。これは、授乳の際の摩擦により色素沈着が起こるため。子供がいる人はお分かりかと思いますが、赤ちゃんが乳首に吸い付く力って、思っていたよりずっと強いんですよね。事実、乳首がヒリヒリしたり、乳首の皮膚がひび割れて血がにじんだりしているママも多いのです。

授乳期に乳首が黒ずむパターンには、実はもう一つの説があります。それは、「赤ちゃんが乳首を見つけやすくするために乳首が黒ずむ」というもの。

生まれてすぐの赤ちゃんはほとんど視力がありません。このため、赤ちゃんが見つけやすいように、乳首やその周りの乳輪の色が濃くなるとも言われています。

加齢

女性が年齢を重ねると、女性ホルモンの分泌量が減るため、一般的には乳首の色はピンク色に近づくと言われています。しかし逆に、加齢とともに乳首の色が濃くなる人も。

このケースは、加齢によりターンオーバー周期が遅くなったことが原因と考えられます。つまり、ターンオーバーの活性度合いより、女性ホルモンがメラノサイトを刺激する力のほうが強いときに起こる現象です。

生まれつき

これまで乳首の黒ずみの後天的な原因を見てきましたが、そもそも生まれつき乳首が黒ずんでいる人もいます。肌の色には、生まれつき個人差がありますよね。

メラニンを合成する能力は、遺伝によって決まるからです。色黒肌の人は、メラニンを合成する能力がもともと高いため、肌色が濃い人は乳首の色も濃いことが多いようです。

自宅でも簡単にできる黒ずみケア

乳首の黒ずみを改善するには、必ずしも病院へ行かなくとも、まずは自宅で試してみることのできるケア方法があります。

ヨーグルトの成分「乳清」

実は、とっても身近な食材を使って乳首の黒ずみケアができるんです。その食材とは「ヨーグルト」。

ヨーグルトの容器を開けたときに、上の部分に透明な上澄み液がありますよね。これを「乳清」または「ホエイ」と言います。このホエイにはタンパク質やビタミン、カルシウムやミネラルが豊富に含まれ、肌に使うと美白効果があるとされています。

ホエイには肌の保湿効果やターンオーバーの促進、抗酸化作用、メラニンが作られる過程に関与する「チロシナーゼ」という酵素の働きを阻害する効果などがあるため、肌の美白効果が得られるそう。

ホエイでの乳首の黒ずみケアの方法は、コットンにホエイを含ませて乳首に5〜10分あてるだけ。即効性はありませんが、根気よく続けることで乳首の色が薄くなっていくと言われています。

石鹸で洗うだけで黒ずみを落とす

乳首の黒ずみケア専用の石鹸も発売されています。エルシーラブコスメティックのジャムウ・ハーバルソープは、乳首やデリケートゾーンの黒ずみケアに定評のある石鹸。

使い方は、石鹸で作った泡を乳首に乗せて3分間泡パックするだけ。古い角質や黒ずみをさっぱりと洗い流してくれます。美白効果のある石鹸というと、肌への刺激が強いのでは?と思いがちですが、ジャムウ・ハーバルソープは保存料や安定剤が一切無添加。インドネシアの伝統的なハーブが使われ、保湿効果のあるパーム油がベースの肌にやさしい石鹸なので安心して使えます。

http://www.lovecosmetic.jp/stat_search/itcd90031_list3.html

市販されているクリーム製品を使用する

石鹸よりも効果的とされるのが、市販の黒ずみケア専用クリームを使う方法。石鹸は洗い流してしまいますが、クリームは皮膚に浸透するため、有効成分がより効果的に作用するからです。

HLJ(エイチエルジェイ)のピューレパールはプラセンタエキスやビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2Kなどの美白成分が配合され、コラーゲンやヒアルロン酸、ビタミンEなどの保湿成分もたっぷり。黒ずみを薄くしながら肌質改善も期待できるため、プルプル乳首に近づけるかも。

http://pule-p.com/af/?ad_code=afpule&utm_source=sca&utm_medium=aff

皮膚科で美白クリームを処方してもらう

皮膚科での乳首の黒ずみ治療では、「トレチノイン」クリームや「ハイドロキノン」クリームが処方されることが多いよう。トレチノインはビタミンAの誘導体で、メラニンの肌から排出を促す作用があります。一方ハイドロキノンは、メラノサイトを抑制することで黒ずみを薄くする作用があります。症状によっては、2つのクリームを併用することも。

ハイドロキノンクリームは市販もされていますが、皮膚科で処方されるものはハイドロキノンの濃度が高いため、より高い効果が期待できます。一方、トレチノインクリームは市販されていません。

トレチノインもハイドロキノンも作用が強く、ハイドロキノンは別名「肌の漂白剤」と言われるほど。それだけに、肌荒れや白斑などの副作用が起こることもあります。休薬期間が必要であったりと、使い方にも注意が必要であるため、必ず医師の指示に従って使用しましょう。

今すぐにでもピンク色の乳首にしたいあなたに

薬よりも即効性を望む人には、レーザー治療という方法があります。

QスイッチYAGレーザー

「QスイッチYAGレーザー」という美容治療機器を使った治療では、メラニンのみに反応する種類のレーザーを、炎症が起こらない程度の弱いパワーで乳首に照射。1回の照射は5分程度です。治療を5〜6回繰り返し、沈着しているメラニンを少しずつ破壊していく治療法です。

ピコレーザー

QスイッチYAGレーザー治療よりも早く、より高い効果を得たい人には「ピコレーザー」というレーザー治療法があります。ピコレーザーは、照射のパルス幅(レーザーの照射時間)が「ピコ秒」単位であるレーザー機器です。

まばたきの速さは0.1秒とされますが、その1000億分の1秒がピコ秒。パルス幅が短いレーザーはより小さい標的を破壊できるため、ピコレーザーでは色素沈着治療のより高い治療効果が期待できます。乳首の状態によっては、1回の治療で済むこともあるそう。

乳首の黒ずみを改善する方法はたくさんある!

乳首が黒ずむ原因と、自宅ケアから美容外科での治療法までを紹介しました。加齢やホルモンバランスにより、乳首の色の変化は誰でも経験するもの。若々しいピンク色の乳首に近づける方法は、ホームケアから皮膚科や美容外科での治療までたくさんあります。自分に合ったケアをぜひ始めてみてください。